t>

良いモノ(水)を届ける

2017年4月12日

4月に入り、日によっては20度を超え暖かさを感じる日も出てきました。しかし雨が降るとまだ肌寒くも感じる日もあり、寒暖差で体調を崩さないよう羽織る物など持ち歩き注意していきましょう。

私は現在、水の観光スポットを巡る「水めぐり」がブームです!
先日「毘沙門天」という湧水の汲み場を見に秩父までドライブしてきました!

山道を登り、ダムを超え、毘沙門水の汲み場に行ったところ駐車スペースは満車でした!さすが平成の名水百選に選ばれているだけあります。



蛇口を捻って出てきた水は冷たく、運転に疲れた体に沁み渡り、来た甲斐があったなと感じました。
その後もぶらぶら自然を見ながら歩き、お腹も減ってきたのでお昼にする事に。

携帯で検索してみると、さっき見た「毘沙門水」を使った蕎麦を提供している店「二八そば ひらい」がヒットしたのでお昼はそこにする事に決定!

毘沙門水を使っている事は店内にも書かれていました。

盛り蕎麦の大盛りを頼んだところ今日の分の大盛りは終了したそうで、人気店だという事が伺えます。お腹が減ってただけに残念!

お店の方に聞いたところ、車で30分ほどかけて毘沙門水を汲みに行っているそうです。
蕎麦は水が命なんて言葉を聞いた事がありますが、もちろん毘沙門水の効果だけではないと思いますがとても美味しいお蕎麦でした。人気店なのも納得です。

毘沙門水にはカルシウムが豊富で体に良いとされていて、小鹿野町では毘沙門水のペットボトルを販売し多くの方に広める事で町興しにも使っています。

毘沙門水100mlあたりに含まれるカルシウム…3.9mg
市販されている国産の水はおよそ0.6~1.3mg
※季節により変化します

町の自慢が「水」で、町興しにも使っているって何だか良いですね!

二八そば ひらい様の「片道30分ほどかけ水を汲みに行っている」という話を聞き、手間を惜しまずお客様に良いモノ(水)を届けたいという意味では私たちの仕事に通ずるものがあるのかなと思い、味だけでなく気持ちの面でも刺激をいただました。
私もそうした気持ちを忘れず、日々の業務に取り組んでいきたいと思います!

  • その他のブログを見る