受水槽(貯水槽)とは

貯水槽は受水槽、高置水槽、貯湯槽などの総称であり、建築物内で使用する水を貯留する設備です。
一般的に、建築物の地上または地下に設置されているものを「受水槽」、屋上に設置されているものを「高置水槽/高架水槽」、地上または地下に設置されている一定温度のお湯を貯めておくタンクを「貯湯槽」と言います。

受水槽

受水槽給水方式とは

■受水槽方式

水道本管からくる水道水を、一度受水槽で貯留した後で給水する方法を指します。
マンション等、高さのある建物で上階へ給水する為に必要な水圧が足りない場合や、短時間に大量の水を使用する施設においてこの給水方法が用いられています。
安定した水圧が得られる他、断水時や災害時に貯留してある分の水が確保できる等のメリットがあります。
しかし場合によっては長い間タンク内に水を貯めたままになることから、衛生面の管理には十分な配慮が必要となり、法律により最低年1回以上の清掃が義務付けられています。

受水槽方式の給水イメージ画像 高置水槽方式の給水イメージ画像

中高層の建物においては水圧不足で給水できない場合がある為、パターン②のように建物の屋上に高置水槽を設置し、重力を利用して給水している「高置水槽方式」もあります。高置水槽も受水槽と同じように衛生面に配慮する必要がありますので、定期的に清掃を行う必要があります。

受水槽清掃は弊社におまかせください

上述の通り、受水槽には定期的な清掃が必要です。

清掃前の受水槽(左)と清掃後の受水槽(右)

また、受水槽の機能を正常に保つ為には清掃の他、定水位弁やポンプ等の周辺設備も点検が必要です。
弊社では年1回以上の給水設備メンテナンス(清掃・点検)を実施する事で、「いつでも安全に水が使える」給水環境をご提供しております。

このページを見た人はこちらも見ています

お問い合わせ先

さいたま市、川口市、千葉市をはじめとした首都圏全域で受水槽(貯水槽)の清掃・点検を実施しております。
ご質問、御見積依頼はお問合せフォーム又はお電話にてお気軽にお寄せください。

お問合せバナー