貯水槽清掃のご案内

貯水槽清掃写真

貯水槽は水道事業者から供給される水をいったん貯めた後、給水ポンプを使用して住宅内の各給水器具へ送る装置です。
アパートやマンションといった賃貸物件等に設置されており、管理責任は設置者(所有者)にあります。
水道水の水質管理については貯水槽に入るまでは水道事業者、貯水槽に入ってからは設置者の責任となります。

定期的な貯水槽清掃等の管理が十分に実施されないと水質劣化や衛生上の問題が生じる恐れがあります。
衛生的に安心して水をお使いいただくために、定期的な貯水槽清掃・点検契約をご提案しております。

「簡易専用水道」と「小規模貯水槽水道」

貯水槽の有効容量が10 ㎥を超えるものを「簡易専用水道」、
貯水槽の有効容量が10 ㎥以下のものを「小規模貯水槽水道」といいます。

簡易専用水道に位置付けられる貯水槽はマンションや介護施設、商業施設等に多く設置されています。
小規模貯水槽水道に位置付けられる貯水槽は戸建物件やアパートの部屋毎に戸別に設置されていることが多いです。

水道法という法律では簡易専用水道の設置者に対し、貯水槽の適正な清掃・点検を実施することを義務づけており、違反した場合には罰則が課せられます。
小規模貯水槽水道に関しても、簡易専用水道に準じ同様に清掃・点検を実施するよう指導されています。

簡易専用水道貯水槽

10㎥以上の貯水槽

小規模貯水槽水道

10㎥以下の貯水槽

FCサービスの貯水槽清掃

貯水槽の清掃

貯水槽はきれいな水しか入ってこないので清潔と思われがちです。
しかし実際には通気管から空気が出入りし、床面には水道管から流入したサビ、壁面には水垢が付着していきます。
安全で衛生的な水を飲むためには、貯水槽清掃・点検が必要不可欠です。
弊社では貯水槽清掃作業監督者の資格を有し、定期的に健康診断と検便を実施している作業員が清掃作業に従事しております。

貯水槽清掃中貯水槽高圧洗浄中貯水槽清掃後

機器類の点検

貯水槽清掃だけではなく給水ポンプ等の機器類の点検も実施いたします。
定期的に点検を実施することで機器の故障や劣化を早期発見し、突然の断水事故の発生を防ぐことが可能です。

機器点検写真給水設備点検設備点検写真

貯水槽清掃の流れ

  • 作業前準備
  • ① 現地調査後、御見積をご提出いたします。
  • ② ご発注後、作業日程を調整し当日2週間程前にご入居者様に向けた清掃実施のお知らせを配布いたします。※1
  • 作業当日
  • ③ 安全対策を含めた作業準備後、貯水槽の水を抜きます。貯水槽が1槽式の場合は断水が発生します。
  • ④ 貯水槽内が空になったら作業員が中に入り清掃作業やボールタップ電極棒等の機器点検を実施いたします。
  • ⑤ 水張り作業を実施いたします。
  • ⑥ 貯水槽の外壁や配管、給水ポンプの点検を実施いたします。
  • ⑦ 槽内に水が溜まり次第、断水を復旧し、残留塩素測定、採水を実施いたします。
  • ⑧ 現場の片付けをし、作業完了となります。
  • 作業後
  • ⑨ 清掃時に採水した水の水質検査を実施いたします。※2
  • ⑩ 報告書、水質検査結果書の他、改善の必要がある場合は御見積書を提出させていただきます。

※1 契約状況によりお客様に対応していただく場合もございます。

※2 別途となります。

貯水槽清掃・点検のご用命はFCサービスまで

貯水槽清掃・点検の管理を怠ると、赤水の発生や細菌の繁殖・害虫の侵入等の水質汚染により利用者様に健康被害が及ぶ恐れがあります。いつでも安全で確実に水道水をお使いいただけるよう、専門知識・技術・経験を活かして清掃作業にあたります。
弊社では安全作業を徹底しております。厚生労働省主催「あんぜんプロジェクト」参加中!
安全対策・養生の徹底、安心丁寧な貯水槽清掃は弊社にお任せください。

24時間365日緊急トラブル受付中!

さらに弊社では定期点検ご契約者様優先の24時間365日の緊急受付窓口を設けることで、快適な給水環境の維持に努めております。

貯水槽清掃に関するお問い合わせ先

さいたま市、川口市、千葉市をはじめとした首都圏全域で貯水槽清掃を実施しております。
御見積依頼、その他ご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問合せバナー

このページを見た人はこちらも見ています

増圧ポンプ点検バナー 受水槽バナー