受水槽の目地ライニング補修

受水槽は複数枚のパネルが組み合わさって作られています。
パネルとパネルの継ぎ目にはパッキンが設置されており、その部分は目地と呼ばれています。
目地の劣化は漏水の原因となりますので、補修作業が必要です。

受水槽外観

受水槽外観
複数枚のパネルが組み合わさっていることがわかります。

槽内状況

受水槽内の様子
通常、目地(パネルとパネルの継ぎ目)にはパッキンが設置されています。

目地劣化状況

目地劣化状況
パッキンの劣化が進行すると、受水槽に隙間が生じて漏水する恐れがあります。
劣化したパッキンを撤去し、下地処理を行います。

補修前養生

受水槽 目地ライニング補修
作業前
養生状況

補修前養生

受水槽 目地ライニング補修
作業前
同上(拡大)

補修作業中

受水槽 目地ライニング補修
作業中
ライニング工事を行います。

補修作業中その2

受水槽 目地ライニング補修
作業中
工程を繰り返し、層を重ねていきます。

補修作業後

受水槽 目地ライニング補修
作業中
ライニング材が硬化するまで時間を置きます。

補修作業後

受水槽目地ライニング補修
作業後
無事に漏水は改善しました。

弊社では目地ライニング補修の他、受水槽の定期保守管理や受水槽本体の更新工事等、幅広く対応しております。
受水槽に関するご質問、御見積依頼はお気軽にお問い合わせください。